ぽんとじんのタラタラ日記♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おもろい。
Jam Films/2002(日)

jamfilms

さきほど、
映画「約三十の嘘」の椎名桔平と田辺誠一の演技が良かった!
と言いましたが、
妻夫木聡も格好良かった!
というのも、ただミーハーにビジュアルがいい!って言うのではないのです。
「約三十の嘘」を観る前に「Jam Films」の行定勲監督の作品に出ていた妻夫木くんとは、
キャラがあまりにもかけ離れていたので。
というのも、妻夫木くんはカッコイイとは思っていましたが、
やっぱり売れてるだけあって演技もウマイのだなと、
この作品を観て改めて思いました。
はい。
あんなに、間抜け顔のウマイ俳優さんてなかなかいないと思う。
あまりの間抜け顔に感心しちゃいました。
ホント。
あと、岩井俊二監督の作品にほぼ一人芝居で主演した広末涼子。
彼女独特の雰囲気が出てて楽しめた。
なんか、子供の頃を思い出してしまう映画でした。
子供って、いろんな世界を持ってますよね。
大人になると、忘れ去られてしまいがちなのだけど。
こんな感覚を作品にして表現できる素晴らしさに感動です。
「いやぁ、邦画もいいもんですねぇ。」
スポンサーサイト
ぷすっと笑える映画。
約三十の嘘/2005(日)

30nouso

色んなところで、プスッと笑えた。
(^v^)
黙ってれば二枚目な椎名桔平と田辺誠一。
見た目とは正反対な演技がナイス。
椎名桔平は、随所で笑えたのだけど、
田辺誠一のじゃがいもを投げるシーンが、
私の心を釘付け。
すごい一瞬のシーンなんだけど。
細かなとこまで丁寧に演技がなされていて、楽しめた。
一度プスッっとくるともう止まらない。
パンダのゴンゾウがただそこに居るだけで、
パンダのくせに目が垂れてないだけで、
その存在が、
おかしくてたまらない。

約三十の嘘オフィシャルサイト

親ばか。
usagin

実家に初お披露目のため、コスプレさせてみました。
(*`▽´*)
本人は迷惑そう?
でも、これでバッチリ!
しかーし、
実家は実家で自分ちのペットが一番可愛いみたい。
そうだよね。
みんな親ばかなのさ。
ヾ(´▽`;)ゝ
うちのヨーダ。
momo

見れば見るほどソツクリです。
実家に帰る度に、まじまじと見てしまいます。
(><)
いちお、女の子さんなんですけどね。
(´ー`)

女はいくつになってもうれしいのです。
hanataba

花束のプレゼントってホントうれしい♪
たとえ、一本でも道端に咲いていたのでも、
やっぱりお花のプレゼントってうれしい♪
(*^。^*)
女の人ってみんなそうなのかな?
たまに、自分で買って帰っても、
やっぱりうれしい気分になる。
家に花がある生活ってステキ♪
大人の仲間入り?
kubota

日本酒ってこんなにおいしかったのぉー!
「(≧ロ≦)
日本酒、焼酎、ビール、
マズッ
おいしいのは、ワインと梅酒、
それに牛乳に入れる小さじ一杯のブランデー。
だったのだけど、
実家で、
久保田の万寿
を飲んで私は変わった。
(゜ロ゜)
人にワイン好きは日本酒も飲めるはずって言われながら、
何度トライしても、
おいしいと思えなかった。
ペペッY(>_<、)Y
でも、ただいいお酒に出会ってなかっただけだったのかぁ。
次は、
実家から帰る時にもらった、
越野寒梅を飲むのが楽しみ♪
(*`▽´*)
ハイエナが来た~!
ハイエナが来たぁ~!
w(°o°)w


haiena2

私が台所で料理を始めると、
黒いやつはやってくるのだ!
ここは、平和で安全な日本のハズ。。。
床に落としたらアウト!
一秒以内に足でせき止めなければ食われてしまうのだ。
その名は、じん。

haiena

うちのペットでした。
(^.^;
もう、それはそれは玉葱を切る時は、細心の注意が必要なのです。
昨日の夕飯は、ハンバーグ。
玉葱のみじん切りする時は、ヒヤヒヤものです。
うわー、めっちゃ笑顔で待ってるよぉ。
(><)っっ

観てしまいました。
STAR WARS EPⅢ/2005(米)
starwars3

やっと観ました!
というか、観てしまった!?

子供の頃から苺のショートケーキはギリギリまで苺を食べない、
運動会は前日が一番盛り上がってた私。
EPⅡを観た直後から楽しみにしていたのに、
イザ
公開されると、
これで終わるのが寂しくなって、なかなか観にいけなかった。

EPⅡの時のような不燃焼感はなく、
「もう一度観に行ってもいいな。」
と思わせてくれました。
(もう一度観に行きたい!ではない。)

でも、ダースベイダーを始め様々なメカの輝きといったら
美しい!
の一言でした。
STAR WARS最終フィナーレの気迫を感じました。
やっぱり
STAR WARS
は、スクリーンで観るのが一番だと思わせてくれる迫力があった。
次の夢は、EPⅠ~EPⅥをぶっつつげで観ること。
\(^▽^@)ノ
果たして起きていられるか?

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。